秀岳館オフィシャルサイト

メディア掲載「秀岳館高校からJ3藤枝MYFCに2選手が加入。」(熊本蹴球通信)

12月16日に熊本蹴球通信に加入会見の模様が掲載されましたのでお知らせします。

段原監督はそれぞれの特徴を紹介したのち、「ブラジル国籍の若い選手が日本のプロリーグに進むことは、多様な価値観を持つ子どもたちが集い、国籍が違っても生きる力を養うという校長の教育の成果」と話し、ロアッソ熊本に加入したターレス、レオ ケンタに続く2年連続、さらに同校から13、14人目となるプロ輩出の背景を説明。

全文はこちら(熊本蹴球通信)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE