秀岳館オフィシャルサイト

かけがえのない場所【神野 美空】

こんにちは。秀岳館サッカー部3年の神野美空です。

高校生活を振り返ると、楽しいこともきついことも悔しいことも沢山あった3年間だったと思います。そして素敵な人たちに出会い、自分を強くしてくれたこの場所はかけがえのないものになりました。

中学生の頃秀岳館のサッカーを見て、私はこのサッカーで全国大会に出たいと思い入学しました。

入学当時は親元を離れて生活することやサッカーの練習についていけるかの不安が沢山ありましたが、時間が経つにつれ友達も増えて、サッカーの楽しさを知ることが出来ました。

1年生の頃初めて全国大会という舞台を見て、私は2年後このピッチに立ちたいと強く思い、練習に励みました。

2年生になって人数も増え、競争が激しくなり、試合に出ることの厳しさを痛感しました。試合に出れない事が悔しくて、今の自分に何が足りないかを考えたり、練習後の自主練や朝練を毎日しました。朝起きるのが苦手できつかったけど一緒に頑張ってくれる仲間がいたので頑張れました。

そして、新チームになって初めての公式戦である新人戦の決勝戦で少し時間だったけど試合に出ることが出来てとっても嬉しかったのを今でも覚えています。試合が終わったとき1番に駆け寄って来てくれた仲間がいて、「一緒に出れて良かった」と声をかけてくれました。その時は本当に嬉しくて頑張って良かったと思える瞬間でした。

しかし私は3年生になる頃、チームを離れてフューチャーズの選手として試合に出ることを決めました。
みんなと一緒に試合に出られないことは本当に悔しかったけど、いつも応援してくれる両親にもっと試合に出て活躍する姿を見せたいと思いこの決断をしました。

3年生は自分一人しかいなくて本当にこれでいいのか沢山悩みました。
その時に「美空が決めたことなら精一杯応援する。最後は同じ結果が残せたって言い合えるようにしようね」という言葉をかけてくれた仲間がいて、その言葉のおかげで私は1年間頑張ろうという強い気持ちを持てました。

最初から最後までずっとスタメンで出させてもらって自分にとってたくさんの経験と思い出が出来ました。

最初は勝つことすら出来なくてチームとしても苦しい時期が沢山ありました。
しかし、試合に出ることだけで満足せずに出るからには勝ちたい、自分が点を決めたい、大学生のために頑張りたいと思い、毎日の練習を誰よりも必死にやると決めました。

一人しかいない孤独からたくさんの不安があり逃げたくなった時もありましたが、最上級生としての責任感を強く感じ最後までチームに必要な選手になりたいと思うようになりました。
今までで1番苦労して悔しくてきつかった1年間でしたが、負けてばっかりだったチームから少しずつ勝てるようになってチームみんなでサッカーに向き合えたと思います。

沢山の大会に出させてもらったことで今まで出来なかった経験が出来て、今まで感じることの出来なかった責任感や勝った時の喜びを感じることが出来て、自分自身もサッカーの技術面だけでなく人としてもたくさんの成長が出来た1年間になりました。

私にとってこの決断は楽なことではなくて、苦しいことの方が多かったと思います。やめようとしたときもあったけど一緒に頑張ってくれる先輩、後輩がいたので最後までやりきれました。

やめたいって何度も思ったけど今ではまだこのチームでサッカーがしたいと思います。チームのみんなにはここまで私を強くしてくれて着いてきてくれてありがとうと伝えたいです。

喜子さん、美咲さん、キャプテン、副キャプテン、3年生のみんなには今まで沢山支えてもらいました。話を聞いてもらうだけでなく、頑張れという言葉には本当に力を貰いました。大会の前や試合の前には必ず応援してくれる仲間がいました。立場は違っても一緒に戦ってくれる人たちがいて心強かったです。

濱田さんには指導以外にも前向きな言葉をかけて貰い自信を持って試合に望むことが出来ました。ありがとうございます。

矢野さんにはいろんな所で沢山救ってもらいました。フューチャーズを選んでからも秀岳館の選手の一員として最後まで指導してくれて、諦めずに頑張ることを教えてくれました。多くの試合を経験できる選択肢を与えてくださりありがとうございました。

そして、両親には本当に感謝しかありません。まずは秀岳館でサッカーをさせてくれてありがとうございます。そしてどんな時でも味方でいてくれて、どんなに遠くても必ず応援に来てくれて、ここまで成長させてくれてありがとうございました。フューチャーズを選んだからこそ試合に出てる姿を沢山見せることが出来て少しは恩返しできたのかなと思います。最後は楽しくサッカー出来たので後悔はないです。本当に今まで応援してくれてありがとう。

3年間あっという間だったけど、3年生のみんなと一緒にサッカーが出来てとても楽しかったです。練習行きたくないってみんなで言い合ったのも今では懐かしい思い出です。今年は人数が多くていろんな立場の人がいて試合に出れない人も沢山いました。その思いを背負って最後まで諦めずにピッチで戦ってくれた3年生、ほんとにありがとう。
8期生の17人と頑張ってきて良かったです。

これからはそれぞれが別の場所で頑張っていくことになるけど、ここで学んだことは絶対に忘れないし、これからの将来に繋げていきます。
この1年間みんなと試合に出れなかった分、2月にある総合選手権ではみんなと試合に出て楽しんで終われたらいいなと思います。
今まで私を支えてくれた家族、監督、コーチ、ほんとにありがとうございました。

(神野 美空)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE