秀岳館オフィシャルサイト

中学生の僕では見られない景色だった【村上 拓人】

こんにちは、
3年の村上拓人です。

僕はこの3年間を振り返ると、楽しかったことやきつく辛いことがたくさんありました。

1年生のときは、練習について行くので精一杯で、とにかく試合に出たいという思いで毎日頑張りました。

2年生になってコロナが流行し練習や試合が中止になり、サッカーのできる喜びを感じました。その中でも僕がいちばん印象に残っている試合があります。

それはルーテル戦です。
その試合は点を取れば取られ、試合の終盤まで拮抗した試合でみんな最後まで諦めず戦い、勝ちきることができました。
その時の喜びは今でも忘れません。

3年生になってトップチームの練習に参加することが多くなり、自分の実力のなさを感じました。
何回もなげだしたくなりました。
しかし、友達に支えられて毎日の練習を必死についていくことができました。
中学生の時の僕じゃ絶対に見ることができない景色を選手権で見ることができました。

僕は秀岳館サッカー部に入り、サッカーはもちろん人間的にも成長できたと思います。途中で投げ出さず諦めないことの大切さを学びました。

僕は専門学校に進学して、看護師を目指します。この秀岳館サッカー部で学んだことを活かし、母や姉よりいい看護師になりたいと思っています。
最後に監督やコーチ陣の皆さま3年間本当にありがとうございました。

(村上 拓人)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE