秀岳館オフィシャルサイト

3年間で1番の後悔【高嶺 侑珠】

秀岳館サッカー部3年の高嶺侑珠です。

私の高校サッカーは1番下のカテゴリーからスタートしました。
1年生の頃は自分の特徴が中々見つけられなくて、思うようにプレーできず悩む事が多い1年間でした。
それでも諦めずに頑張ることを意識して練習していくうちにチャンスを貰うことが多くなり、選手権の九州大会からはメンバーに入ることができ、少しの時間だったけど試合にも出場することができました。

 

全国大会では試合に出場することはできなかったけど、ベンチから先輩達の試合を見て自分もこのチームの主力としてピッチに立ちたいと強く思いました。

2年生になってスタメンとして試合に出場することが増えていきました。
ですが、試合に出てるメンバーの中で私は足元の技術があまりなく、困った時に個で打開する事が中々できなくて悩んでいました。

そんな時に支えてくれたのが同部屋の先輩です。

朝一緒に自主練をする事を提案してくれて毎朝沢山ボールを触りました。
私は朝起きるのが苦手で起きたくない時も沢山あったけど同部屋の先輩がいたから続ける事ができました。朝の自主練の成果が徐々にでてきて試合では駆け引きをする事ができるようになり試合を楽しむことができました。

3年生になってからは自分の特徴をみつけ伸ばす事ができ、その特徴を活かしたプレーで得点に絡んだりする事が増え今まで以上にサッカーを楽しむことができました。
また、副キャプテンというチームを引っ張る立場になり人として成長することができたと思います。

私達の代は人数がとても多く試合に出れなかったりメンバーに入れない人が沢山いる中で全国出場がかかった試合で負けてしまい、みんなを全国に連れて行けなかった事が3年間で1番の後悔です。

試合に出れなかった人達の想いを背負って戦わないといけない大事な試合で自分の力を発揮できなくてとても申し訳なかったです。

卒業後は大学でサッカーを続けるので秀岳館で学んだことを活かして沢山活躍できるように頑張ります!

最後にお父さんお母さんへ。
1年生の頃から大会があるたびに沖縄から応援に駆けつけてくれてとても嬉しかったです。最後の年、全国の舞台でプレーしている姿を見せたかったです。大学でもまだまだサッカーの大会あるので2人で応援に来てください。私にとっての1番の応援団です。ありがとう。

(高嶺 侑珠)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE