秀岳館オフィシャルサイト

1人では乗り越えられなかった壁【上柳 歩美】

秀岳館高等学校サッカー部3年の上柳歩美です。

3年間はあっという間でしたが良い刺激が多く、人間性を磨けたり他にも色々な面で成長出来ました。

私は有難いことに1年の頃から試合に出されてもらい経験を積ませてもらっていました。
秀岳館のサッカーを理解してプレーするのは簡単ではありませんでしたし技術も判断力もなく、とにかく自分のプレーを出すのは難しく必死について行くので精一杯でした。
全国大会はベンチに入ることができ、そこから見る先輩方のプレー姿は輝いていて、自分も必ずこのピッチにたちたい、こんな先輩方になりたいと思えた試合でした。

高校2年にレギュラーメンバーに定着できるようになりました。
ですが選手権の九州大会前に自分のプレーができなくなり、頑張ろうと思って練習場に向かってもその気持ち以上に不安が勝ってしまう時期がありました。
そんな時、母から「小さくてもできる」と伝えられました。
些細な一言かもしれませんがこの言葉は自分の心の中のモヤモヤを一瞬で無くしてくれました。私にとってとても大切な言葉になりました。

またチームメイトがずっと支えてくれてその時期を乗り越えられました。
そして先輩方などチームメイトの力で全国大会に行き、私は出場することは出来ましたが、自分の実力の無さを痛感しました。

高校3年になり、キャプテンで10番を背負ってプレーする事の重圧が凄くてプレッシャーに勝てず相応しいプレーができない大会が続きました。
けど一緒に試合にでている3年のプレーが心強くて、どんな状況でも歩美頑張れって3年の声が聞こえて、1人では乗り越えれない壁を同期のみんなが支えてくれて自分は自信を持ってプレーできていました。

また、誰よりも応援してくれている両親の存在で、最後くらいは頼もしいかっこいい姿を見せて恩返しをしたい。という気持ちで自分を変えることができ、キャプテンとしての責任・プライドをもつ事が出来るようになりました。

最後の選手権に向けては覚悟を持って練習してきた分、全国出場を逃したのは今でも悔しかったです。考えれば考えるほどあの時に戻りたくなるし、色々な後悔がでてきます。
どこのポジションをしていたとしても、最後くらいは自分が点を決めてチームを勝たせたたかったです。
矢野さんのガッツポーズや喜んでいる姿をみたかったです。

3年は引退試合となるゲームが沖縄で行われました。自分の力を発揮できて1得点2アシストと最後は両親に頼もしい姿を見せれたかなと思います。
正直キャプテンは自分には務まらない・やめたいと思う時期もあったり、1・2年の頃は怒られて泣くことも多かったですが、この経験が精神面を1番成長させてくれたと思っています。

両親・チームメイト・応援してくださる方々のサポートで大好きなサッカーを出来ていたこと、矢野さんやコーチの熱心な指導があったから、入学当初は何もできなかった自分がここまで成長できたことなど本当に感謝しています。

私はこれからもサッカーを続けるのでいい報告が出来るように努力していきます。

(上柳 歩美)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE