秀岳館オフィシャルサイト

先輩の存在に支えられて【大迫 凜々香】

私は、秀岳館のプレースタイルに興味を持ち入学しました。

初めての寮生活で不安や心配なこともあったけど、先輩方に色々教えてもらいながら少しずつ慣れていきました。

入学してからは全然試合に出ることがなく、このまま3年間終わってしまうのかなと思いながら1日1日がすぎていきました。

でも、2年生になってからは少しずつ試合に出る機会が増えてきて、チャンスがきた時もありましたが本番で自分の力を出せず終わってしまいました。
そんな私に声をかけてくれたのが1つ上の学年のヒョリムさんでした。

ヒョリムさんとはポジションが同じで、練習の時以外でもよく話したり、遊びに行ったりと仲良くさせてもらってました。
普段は優しくて面白いヒョリムさんだけど、サッカーの時はすごくかっこよくて、誰よりも点を決められる選手でした。

そんなヒョリムさんを見てもっと頑張ろうと思ったし、来年こそはヒョリムさんみたいにFWで点を決めてチームのために貢献できる選手になろうと思いました。
残念ながら今年は全国大会出場を決めることができなかったけど、でも最後の1年間はとても濃い1年になったと思います。

ここまで成長できたのは、両親や監督、コーチのおかげだと思います。そして中学校時代の指導者にも少しでも恩返しすることができていたらいいです。

私は高校卒業後もサッカーを続けるので、また新たなサッカー人生が始まります。そこではもっと上手くなって家族や今まで出会った人たちに恩返ししたいです。残り少ない高校生活を楽しみたいです。

(大迫 凜々香)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

nbsp;

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE