秀岳館オフィシャルサイト

いつかプレーで恩返しを【時髙 由菜】

秀岳館女子サッカー部の時髙由菜です。

自分は地元山口県を離れ熊本県の秀岳館高校に入学しました。

入学してから約2年間ほど怪我でまともにサッカーが出来ませんでした。
高校2年生の時には2回も足の手術をして、それでもなかなか良くならない日が続いて、こんなにも自分の大好きなサッカーが出来なくなるのはきつかったし、みんながサッカーしてる姿を見るのも辛かったけど最後まで諦めずにこれたのも沢山の人が支えてくれたおかげでもあるし、自分にとって母の存在がとても大きかったです。
母には感謝しています。

3年生最後の九州リーグでは途中出場で1点決めることが出来たので母には少しでもいいプレーを見せれたんじゃないかなと思います。

自分は大学でもサッカーを続けます。なのでまだ叶えれてない目標、夢を叶えるためにもっと上を目指し頑張って行きたいと思います。その時にまたちゃんとプレーで恩返しをしたいです。

この3年間、自分自身色々な面で成長できたし、沢山のことを学べたのでこれからもそれらのことをいかしていきたいと思います。

最後に自分は1番応援している2年生の後輩がいます。その人はキーパーをしていてこれから上手くいかない日や悩む日があり沢山の壁にぶつかることがあると思いますが、毎日頑張っているのを自分は知っているのであと約1年間最後まで諦めずに頑張って活躍してほしいです。

(時髙 由菜)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE