秀岳館オフィシャルサイト

最高の仲間がいたから【深川 碧斗】

3年の深川碧斗です。

自分はこの八代という小さな町から全国大会に出場したいと思い、秀岳館に入学しました。

自分は1年生の頃からトップチームで練習することが多く、サッカーの技術面はもちろん、サッカー以外のとこでも成長できたと感じています。

入学してすぐの頃は自分の管理をしっかりできるか、友達と上手くやっていけるかなど色々な不安がありました。
だんだんと月日が経っていくと同時に友達も増え不安がどんどんなくなっていきました。

サッカーではトップチームで練習していたのでどのカテゴリーよりも練習は厳しいし、強度が高いので正直きつかったし、何回も逃げ出そうとしました。それでも今まで頑張ってきたからこそ今の自分があると思います。

高校最後の大会では順調に駒を進めていき決勝に進出することができました。準決勝でゴールを決めた時はめっちゃ嬉しかったです。決勝を決めた時はホッとしました。

そして決勝をむかえ、あの雰囲気の中で試合できて最高でした。
結果は負けてしまって悔しかったけどとても楽しかったし、頑張ってきてよかったと思えた試合でした。
できれば勝って優勝したかったけど決勝までいけたのも最高の仲間がいたからだと思います。

この誰もが経験できないことを自分たちが経験できたのは、監督、コーチそして最高の仲間がいたからだと思っています。とても感謝しています。

この経験を大学でも活かして頑張っていきたいと思います。
残り少ない高校生活みんなでいい思い出を作りましょう。

(深川 碧斗)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE