秀岳館オフィシャルサイト

秀岳館ファミリーに出会えて良かった【児玉 智也】

こんにちは。3年の児玉智也です。

この3年間はこれから生きていく上でとても学ぶ事が多かったです。

1年生の時は、何度か紅白戦の時に2ndに呼ばれたりしていました。
1年の頃は先輩からボロカス言われたり、精神的にもサッカー的にも成長できたと思います。
1番心残りなのは、2年生時の選手権で鎮西に負けたことです。その試合は先制点を取られて、後半もなかなか点が入らない中、自分のミスで相手に追加点をされました。
一点は返したもののベスト8で負けてしまいました。先輩達の夢を自分が止めてしまったと考えるととても苦しかったです。

その試合のミーティングをした時に何度も自分のミスを映像で見た時には悔しいのと先輩達の事が頭によぎり号泣したのを覚えています。
自分はあと残り1年間鎮西戦の時の悔しさを持ちながら借りを返そうと必死にやっていました。
そして新チームになり、重いプレッシャーの中やりましたが準決勝で負けました。
次は負けたくないとやっていましたが、総体前にこのままじゃお前は総体に出さないと言われました。
ここからの時に怪我をしてしまい3ヶ月くらい失ってしまいました。ですが総体ではみんなが決勝まで行ってくれました。

最後の選手権でも去年の事を思い出すと出たいという気持ちはありましたが、実力が足りないっていうのは分かっていたので今の立場でやりきる気持ちでいました。決勝では負けましたが、本当にこの仲間と出来て良かったと思いますし、沢山の経験ができて良かったです。

これからは就職先が決まっているので、そこに向けて良い準備をしていきたいです。
目標は列車を運転することです。その為の勉強と知識を手に入れる為の努力をしたいです。

今まで携わってくれた方々には感謝しかないです。
特に監督がいなかったら試合とかも下級生から出ていないと思いますし、1番迷惑かけて、頼りました。
監督には感謝の言葉しか出てこないです。
この秀岳館ファミリーに出会えて良かったです。

(児玉 智也)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE