秀岳館オフィシャルサイト

3年間支えてくれてありがとう【長松 里咲】

秀岳館高校女子サッカー部3年の長松里咲です。

私にとって高校生活はものすごく濃い3年間でした。

最初は練習についていけるか友達ができるかなど沢山の不安を抱え秀岳館高校に入学しました。
思ったよりも早くみんなと仲良くなれる事ができて嬉しかったし練習にもついていけるよう必死に頑張りました。

1年生の後半くらいから少しづつ試合に出させてもらい、ほとんど途中交代で出場する事が多かったですがスタメンでも出場させてもらう事が何度かありました。

3年生になって最後の大会、選手権の県予選では途中から出場して初戦、決勝と得点することができ結果を残せてとても嬉しかったです。
なにより親の前でゴールできたことが自分にとって凄く大きかったです。

九州大会では1回戦目出場する事ができましたが結果を残す事ができませんでした。
全国のかかった2回戦目ではピッチに立つことができずみんなが頑張っている姿をベンチで見守る事しかできませんでした。

全国の切符は掴む事ができなかったけれど、でれなかった自分達の分までみんな最後まで必死に頑張ってくれました。

悔しい気持ちのまま高校3年間があっという間に終わってしまいました。
それでも今までみんなと沢山の事を乗り越えて一緒にサッカーできてとても楽しかったです。この3年間は私にとって大切な宝物です。
上手くいかない時期、しんどい時期もあり沢山落ち込んでばかりだったけどそんな自分を3年間支えてくれた周りの仲間、親が居たから乗り越えられたし自分自身強くなれたと思います。

私は将来理学療法士になりたいという夢があります。その為に専門学校に進学します。これからサッカーは続けないけれどこの3年間経験した事、学んだ事を活かし頑張りたいと思います。そして今まで支えてくれた方々へ恩返しができるよう必死に勉強して立派な理学療法士になります。
残り少ないですが高校生活楽しんで最後は笑顔で卒業したいです。

(長松 里咲)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE