秀岳館オフィシャルサイト

最後までみんなで闘い抜きたい【本村 天祥】

私の高校3年間は、精神的にも肉体的にも鍛えられた高校生活でした。

1年生の頃は、入学して知り合いもあまりいないなか、学校と部活が始まり、生活に慣れるか心配でした。
そんな中、冬に行った山口遠征では、一勝も出来ずボロ負けで遠征から帰ってきた2日間でした。それも今では、いい思い出になりました。

2年生になり、コロナウイルスが流行し通生だけの練習が多くなりました。フルコートでの試合もなくなりまともにサッカーが出来ない状況になりました。
徐々に寮生との接触も増え、マスクを付けた今までとは違う生活が始まり、寮生と久しぶりに会ったことや一緒にサッカーができたのが改めて幸せな事だなと考えさせられました。

3年生になり、チャンスを貰いましたが自分の弱い気持ちがでて、チャンスを自分で潰してしまったのが今になっては悔いが残っています。
あとリーグ戦では、最後は優勝して終わろうとみんなで勝つための練習を頑張ってきました。
優勝まであと少しなので最後まで秀岳館サッカー部としてみんなで闘い抜きたいと思います。

最後にフューチャーズの頃からお世話になった監督またコーチ陣の方々、12年間本当にありがとうございました。

そして、お父さん、お母さん12年間好きなサッカー何不自由なくさせてくれて感謝してます。

(本村 天祥)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE