秀岳館オフィシャルサイト

個性豊かで団結力のあった学年【穴井 己登】

僕は地元を離れ秀岳館高校に入学し、最初は不安があった中、すぐに慣れ、みんなと楽しく3年間を過ごし、親の有難みを感じることが出来ました。この3年間で人としてやサッカー面でとても成長したと思います。

人としては、社会に出て困らないために、たくさんの番面で自分磨きをして、成長することができました。
サッカー面では、1年の時には、他の世代よりも弱く、「最弱世代」と言われたのを思い出します。

2年生の時には冬にあったリーグ戦で、0対10で負けたのをよく思い出し、その時に比べると、みんなとても成長したなと感じます。「0ー10キャプテン」と言われたのをきっかけで、朝練をしたりなど、「このままではダメだ、頑張らないと」とういう気持ちになり、頑張ることができ、1番成長した学年になったと思います。

3年生の時には、何回かチャンスもらうことができました。ですが、チャンスを掴むことができませんでした。今では、チャンスをもらった時に主体性を持って取り組めば良かったなと思います。「最強世代」までとは行きませんでしたが、とても個性豊かで団結力のあったとてもいい学年だったと思います。

あと、リーグ戦が2試合残っているで、全勝して、優勝で高校サッカーを締めくくりたいです。

ほんとに高校生の3年間はあっという間でした。この高校3年間でしか学べないことがたくさんありました。その学んだことを活かして、私は、将来、たくさんの人から信頼される看護師になりたいので、そのような看護師になるための土台作りを専門学校で頑張って学んでいきます。

この3年間で大きく成長させてくれた監督やコーチ、先輩、後輩、同級生、そして家族にはとても感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
残り僅かな高校生活を最高に楽しみたいと思います。

(穴井 己登)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE