秀岳館オフィシャルサイト

3年間を通して【橋元 優斗】

自分は地元の福岡からこの学校に来て寮生活をする中、初めは知り合いもおらず落ち着かない生活が続きましたが、日が経つにつれ友達もでき、いつの間にか寮生活がとても楽しい時間になっていきました。そして今思えば3年間は本当にあっという間でした。

1年生の頃はなかなか自分の思うようなプレーが出来ず悩んでいた時期がありました。
その時には仲間やコーチなどたくさん話を聞き徐々に自分の思うようなプレーが出来ていきリーグ戦などで発揮出来たのを今でも覚えています。

高校2年生の頃はコロナ禍でなかなか試合はありませんでしたが、練習をしたり紅白戦をする中で徐々にチームの連携も良くなっていき、サッカーの楽しさに目覚めた瞬間もありました。

その中のリーグ戦で、ルーテル学院との試合が印象に残っています。途中からの出場でしたがアシストをし逆転勝ちをする事ができ、とても楽しい試合をすることが出来ました。
みんなで楽しんで頑張れば結果もついてくるのだととても思いました。

そして、高校三年生という最後の学年になり、チャンスは来ましたが自分のメンタルの弱さや技術の甘さが出て掴むことは出来ませんでした。

スタンドから試合を戦う選手を見て、このピッチに立ててたらなという後悔は少しありますが、この仲間と目標に向かって頑張れてよかったと思います。

そして最後に、本当にこの高校に来てよかったと思います。
自分は迷惑をかけてばっかだったけど見捨てることなく指導してくれた指導者には感謝しかないです。
また親元を離れ不自由ない生活をさせてくれた親にも感謝しています。
大学でもサッカーをするので、今まで支えてくれた方々に少しでも恩返しができるように日々努力し頑張ります。
最後のリーグ戦もチームみんなで頑張り優勝という形で終わりたいと思います。

(橋元 優斗)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE