秀岳館オフィシャルサイト

人として成長できた3年間【髙橋 達哉】

こんにちは。髙橋達哉です。

3年間を振り返ると、あっという間な3年間だと感じます。
まずサッカー部に入部した時は友達が少なく3年間やっていけるのか正直不安でした。

私は通学生で、寮生より同級生との交流が少なく、最初はコミュニケーションをとることがうまくできませんでした。

しかし、練習や学校生活を過ごしていくうちにコミュニケーションをとる機会が増え、友達の数も増えていきました。

私の高校サッカーの3年間を振り返ると、周りよりサッカーの技術が劣っていた私はあまり素晴らしい成績を残すことができませんでした。
1年生の頃はよく怪我をして、怪我人のグループに入っていました。
今思えば、その頃の自分は妥協していたと思います。

2年生の時は全国的にコロナが広がり、自由に外出すること、好きなサッカーをすることが出来なくなりました。そこでコロナが広まる前の日常の有難さを感じることができました。自粛期間を通して人間性や、卒業後の進路などについてたくさん考えることができました。

3年に上がると、リーグ戦に出場する機会が増え、先日の東海大星翔戦でゴールを決めることが出来ました。
その時のゴールが高校3年間で最も嬉しかったゴールです。

私はこの3年間で個性的で頼もしい仲間達と出会いたくさんのことを経験して、人としてとても成長できた3年間だと思います。

私は専門学校に進学して、患者さんに信頼される理学療法士を目指します。
最後にリーグ戦があと2試合残っているので、最後はみんなで楽しみながら優勝を目指したいと思います。
最後に監督やコーチ陣の皆さま3年間本当にありがとうございました。

(髙橋 達哉)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE