秀岳館オフィシャルサイト

かけがえのない3年間【上原未羽】

こんにちは、女子サッカー部3年の上原未羽です。

中学生の頃は自分が今ここでサッカーをしてるなんて思いもしませんでした。

私の中学生時代は色々なことから逃げることの方が多かったように感じます。そんな中色んな縁があり、秀岳館高校の存在を知り、秀岳館のサッカーを見てもう1回チャレンジしてみようと思い、ここに来ました。

1年生の初めは誰とも喋れず、人間関係に不安ばかりで泣いた日もありました。それでも少しずつ色々な人と関われるようになり、私の中では2人の先輩の存在が大きく、その先輩方には感謝しかありません。そんなこんなであっという間に2年生になりました。

技術的にもサッカーの頭的にも人一倍遅れていて最初はパスもまともに蹴れない、シュートもまともにキャッチできない選手でした。新チームに切り替る時に厳しい練習が多かったけど乗り越え、ダイビングやシュートストップはだいぶ出来るようになりました。

2年の時はキーパーが自分しかいなくてずっとスタメンで出させてもらっていました。全国までみんなのおかげで行くことが出来たけど初戦に自分の判断ミスで先制点を許してしまい、悔しい結果に終わりました。その時に自分の弱さを改めて痛感しました。

3年になり、新1年が入ってきて自分は試合に出ることがなくなりました。

矢野さんの忠告を甘く捉えてた部分もあると思うし、少しの勘違いで自分の努力が足りませんでした。その1年が公式試合に出てるのを見る度に差を感じ、正直自信をなくしました。
悩むことも沢山あったし、悔しいことも辞めたいって思うことだってあったけど後悔だけは残さないように必死に練習しました。それでも自分の1番の欠点が改善できず、Qリーグでやっとチャンスを貰ったのに数分で代えられてしまいました。

その後もチャンスを掴むことが出来ずに選手権をむかえ、チーム自体は九州大会まで勝ち上がることが出来たけど結局試合に出ることは出来ませんでした。全国に行けなかったのは凄く悔しかったけど、沖縄での引退試合では最後勝つ事が出来て自分の3年間で1番のプレーを親に見せることが出来たので良かったです。ちゃんとした公式戦でスタメン出場を見せることは叶わなかったけどあまり後悔はありません。

この3年間はとても濃くて得るものが多く、私にとってかけがえのないものです。この代のみんなには沢山助けてもらい、多くの勇気をもらいました。3年生のみんなとサッカー出来たことは大きなことだと思います。
また、最初に比べてここまで上手くなれたのは指導してくれた監督、コーチのおかげです。本当に感謝しています。

そして、沖縄から秀岳館に出してくれて、3年間どんな時も味方でいてくれた親には感謝しかありません。本当にありがとうございました。
秀岳館に来て良かったと心から思っています。

卒業したら大学で保育士になるための勉強をします。この3年間で得たものをしっかり活かして大学での4年間でもしっかり成長出来るように頑張っていきたいと思います。

(上原 未羽)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE