秀岳館オフィシャルサイト

尊敬する人に出会えた高校生活【淵脇 七海】

秀岳館高校サッカー部3年の淵脇七海です。

私は高校3年間きつい時がたくさんありました。
高校生になってから怪我をすることが多く、復帰してからもプレーが上手くいかず、どうしたらいいのか分からなくて1、2年生の時はたくさん泣きました。
怪我人に入ってみんなに置いていかれるのが嫌だったので自分はサッカーが出来なくなるまで痛くても我慢してやると決めていました。
痛い中、納得のいくプレーが出来ない時はかなりきつかったです。

朝練をしたり、上手くいかなかった日はぎりぎりまで自主練をグランドでしたり帰ってからテニスコートや学校のグランドですることもありました。

試合に出て活躍する為に頑張り続けて、3年生の選手権の県の決勝では途中出場でアシストをすることができ、短い時間しか出れませんでしたが高校3年間で1番楽しい試合でした。
優勝した瞬間自分がピッチに立っていることが信じられなかったです。
この瞬間の為に頑張ってきたんだなと実感し、努力の大切さを知りました。

そして、尊敬できる先輩に出会うことが出来ました。
2人で「どんな立場でも全力で」という約束をし私は最後までこの約束を守れたと思いますが、全国のピッチに立って成長する姿を見せることが出来なかった事はとても悔しいです。
どんな時でも支えてくれた大好きな先輩に出会えてよかったです。

監督、コーチにはたくさん迷惑をかけてしまったけど、3年間熱心に指導していただきとても感謝しています。ありがとうございました。

最後に8期生は、入学した時1番人数が多くてぶつかり合うこともあったし、怒られることもたくさんあったけど、みんなといる時間、みんなとサッカーする時間がとっても大好きで、8期生で本当に良かったなって思います。残り少ないけど、みんなで楽しんでいきましょう。

(淵脇 七海)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE