秀岳館オフィシャルサイト

苦しかった3年間【古賀 渓太郎】

僕は中学3年生の時、地元を離れて秀岳館の寮に入ることを決めました。その時の僕は、不安よりもサッカーのことで頭がいっぱいで自信をもっていて、なんでもうまくいくと思っていました。

最初の方は、相手が2つ上だからだとかまだ体が出来上がってないからと自分が上手くいかないことに対して適当な理由をつけていました。だから新チームになった時には試合に出れると確信していました。

しかし新チームになった最初の試合先発で出場したものの、何もできず前半で交代でした。
その時はたまたま調子が悪かったと思ってました。
しかし試合を重ねていくうちにだんだんと出場機会を失い、結果的に試合にはほとんど出場することができませんでした。

自分が上手くいかないからといって何か理由をつけて逃げ続けていたのです。

自分達の代になっての新人戦でも出場機会は少なく、何も残すことはできませんでした。
その時に、このままあと1年これまでと同じように過ごしていたら何も変わらないと思いました。
そこから、見て学び、書いて覚えて吸収できるものはなんでも吸収しようと、何がなんでもという気持ちでコーチの指導を受けていました。
すると、試合に出ても落ち着いてサッカーをできるようになりました。

総体ではキャプテンを務め、結果は準優勝でした。
この時は、キャプテンとして何をすれば良かったのかあまり分かりませんでした。しかしシーズンを通して、キャプテンとしての自覚と責任を果たさなければならないなと感じるようになりました。でも僕1人では器が足りなかった、だからみんなに助けてもらうことを学びました。

最後の選手権では決勝で敗れ準優勝だっだけど自分はやってきたことを全部出し切れたんだと思うし、優勝するためにはまだ何にか足りなかったと思います。
でもこの3年間自信を持っていえることは、サッカーに対して真面目に、一生懸命取り組んできたことです。

確かに上手くいかなくて周りから言われることをあった。
けどそこからは逃げずに必死に食らいついて行ったからこそキャプテンになれたと思うし、何より人生において大きな財産になった思います。

この3年間は周りが助けてくれることが多かったけれども、これからは大学、社会に出ていけば自分の行動には責任を持たなければいけない、だからこそ正しい知識や判断を学ばなければならない。

自分の将来の夢は教師になること。
その目標に向かった大学では取り組んでいきたいです。
3年間何不自由なくサッカーをされてくれたお父さん、お母さん、
そしてサッカーや生活面でもご指導くださった監督、コーチの方々、
本当にありがとうございました。
これからも夢に向かって頑張ります。

(古賀 渓太郎)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE