秀岳館オフィシャルサイト

私を強くしてくれたみんなへ【島袋 愛己】

秀岳館高校女子サッカー部3年の島袋愛己です。

入学時は、親元を離れ寮生活の生活に不安がありました。
人見知りな性格で、先輩方が色々教えてくださったり、同級生と仲良く過ごしていくうちに仲間との絆を深めることができました。

1年生の時は、中学生の時のプレースタイルと全く違い、練習についていくのもやっとでした。
先輩たちや上に上がっている人達との差を埋めたいと、毎日自分に不足している所の自主練習を行いました。

2年生では、自主練習をした成果が少しずつ出るようになり、秀岳館のプレースタイルについていけるようになりました。
コロナ禍で2ヶ月間みんなと一緒に練習ができなくなる時期もありました。
その中でも自分をアピールして上に上がれるようになりした。
でも、大事な時に怪我をしてしまい、復帰した頃にはみんなについていけなくなり、何度もチャンスが訪れたのにものにできなくて、悔しい1年に終わりました。

3年生になっても、チャンスを掴めない日々が続きました。
3年生にとって最後の大会の試合も1つずつ減っていき、自分のプレーに納得する事も出来ずに時間だけが過ぎていきました。
それでも最後まで後悔せずに終わりたいという思いが強く練習に取り組みました。

1人の人間として強くしてくれた親、監督、コーチ、チームの仲間には感謝しかないです。
大学でもサッカーを続けるので皆に良い報告ができるよう頑張ります。
卒業まで残り少ないですが、3年生との沢山の思い出ができるよう楽しんでいきたいと思います。

(島袋 愛己)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE