秀岳館オフィシャルサイト

一生懸命を継続すること【本戸 雄大】

こんにちは。3年の本戸雄大です。

僕にとってこの3年間はとても長くきついものでした。しかし学んだことはたくさんあります。

1年生の時のリーグ戦では他校の上級生相手に満足とは言えませんがまずまずの結果を残すことができました。
僕が本格的に試合に出れるようになったのは2年生になってからです。横にターレス、後ろにケンタ、今思うととても豪華なメンバーです。その中で一緒にサッカーできたことはこれから一生の思い出になると思います。

3年生になる頃に僕はキャプテンに立候補しました。しかし、秀岳館のキャプテンは甘いものではなく、自分と向き合うことが嫌になりその環境から逃げ出しました。そしてリーグ戦や高校総体などを通してもう一度チャレンジしたいと思った自分を受け入れてくれた仲間やその環境を与えてくれたスタッフの方々には感謝しています。

そして迎えた選手権。
特に準決勝の国府戦、今シーズンを通して1番出来の悪いゲーム内容でした。その中で練習してきた崩しでの2得点。そして2対1で勝利できたことは1番の成長だと感じています。決勝の大津戦では悔しい結果となりましたが出し切ることができたと思います。

この3年間で学んだことは一生懸命を継続することです。継続は力なりと言う言葉がありますがその通りだと思います。

卒業まで残り2ヶ月ですがまだ試合は残っています。その試合に勝ち、笑って終わりたいです。大学では夢や目標に向かって努力できるように頑張ります。

(本戸雄大)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE