秀岳館オフィシャルサイト

3年間、そして寮長経験から学んだこと【土肥 潤平】

自分にとってこの3年間は後悔のない有意義な3年間になりました。

入学時には寮生活に不安を感じていました。
友達が出来るかなどの不安がありましたが仲間に恵まれ、その不安はすぐになくなったのを覚えています。

1年生の時は、毎日みんなと過ごす日々がとにかく楽しくて、新しい環境にも少しずつ慣れはじめました。
1年生の頃は誰よりもサッカーが下手で学年のリーグ戦には1度も出れずに沈んだ時期がありましたが、頑張るみんなについていこうと必死でした。

2年生の時からは、少しずつチャンスをもらってセカンドで試合に出させてもらいました。
この頃からたくさんチャンスはもらいましたが、自分自身なかなか定着することができずに悔しい思いもしました。

3年生になり自分は寮長を任されました。
この経験が自分にとってとても大きなものになりました。
リーダーを始めてすぐに、監督に「辞めたい」と相談したことが一度ありました。そんな自分に監督は時間をとって話をしてくださいました。

周りのリーダーは自分を支えてくれて一緒になって考えてくれて、自分に協力してくれる最高の仲間がいることに気づけました。
まとまる力とまとめる力、まとめる側の人間だけでなく、まとまる側の人間も協力してくれる素晴らしさは他の学校にはない良さだと気付きました。
あそこでリーダーを辞めていたとしたらこの景色は見えていなかったとおもいます。

寮生活を経験できたこと、沢山の場所に友達ができたこと。地元の高校では経験出来なかったことを経験できた自分は1番の幸せものだと思います。

3年間一緒に過ごしてくれた3年生には感謝の気持ちでいっぱいです。
3年間ありがとう!これからそれぞれの道でそれぞれの夢に向かってお互い頑張っていきましょう!自分は、教師になるという夢があるので次の夢に向かって頑張ります。みんなの子供は預けてね。


最後になりましたが、3年間ご指導いただいた監督をはじめとするコーチ陣には本当に感謝しています。

お父さん、お母さん、3年間なにひとつ不自由なくサッカーさせてくれたこと、この仲間に出逢えたことは両親なくてはできなかったことです。
本当にありがとう。これからもよろしくおねがいします。
3年間最高でした。

(土肥 潤平)

他の選手のコラムも読む
男子から探す 女子から探す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE