秀岳館オフィシャルサイト

原口 喜子 女子サッカー部コーチ

原口 喜子 女子サッカー部コーチ
チームを押し上げるムードメーカー

プロフィール

秀岳館高校サッカー部OG。
小学校5年生からサッカーをプレーする。
短大卒業後、社会人として働きながら後輩たちのサポートをしている。

秀岳館高校サッカー部のここが好き。

1年生、2年生のときにBチームで試合に出ていない子たちが成長して試合に出たり、試合に出られなくても卒業するときに「ここに入ってきて良かった」と言ってくれるときに感動します。

試合に出られなくても、チームのために現在出来ることをしよう、と思っている選手が多いチームはいいチームだと思います。

自分たちが現役だった年、男子が全国に行けて女子が行けなかった年がありました。男子を応援する反面、私たちはなんで行けないんだろうという悔しさがありました。後輩のみなさんが全国に行くたびにとても感動します。

秀岳館高校に「男女仲良し」が出来た理由。

私は女子サッカー部1期生です。
そのときの3期生が廣瀬コーチたちの代でした。
初めての女子部員ということで、本当に男子サッカー部の先輩たちが気を遣ってくれて、オフの月曜日に3年生が「一緒にボールを蹴ろう」と誘いに来てくれたりしました。そこから「男女仲良し」という秀岳館高校サッカー部の伝統が作られていったのだと思います。

原口コーチの目(Haraguchi’s Eye)

竹内コーチは彼女が中学生のときからの知り合いです。最初はめちゃくちゃ生意気だなあと思いました(笑)選手とも仲良くなるのが早いし、高校からGKにコンバートして3年でスタメンになった頑張り屋さんでもあります。

廣瀬コーチは、面白いことを言おうとすると全く面白くない、という現象が多いですね。すごく考えてものを言うときは、みんなが静まりかえるようなことを言ってしまったりするので…
素でいたほうが面白いです。